売れるネットショップは運用方法や経営テクニックが違います!

HOME » ネットショップの開業方法 » ホームページを作る

ホームページを作る

パソコン・デジカメ・プリンタといった各種機材やネット環境が整ったら、いよいよホームページ作りに入ります。
ネットショップ用のホームページを作るにあたってはいろいろとすべきことがありますので、項目ごとに見ていきたいと思います。

ホームページ作成の手引き

【お店の名前を決める】
実店舗とネットショップでは、お店の名前の決め方・付け方がまったく異なります。
ネットショップに、実店舗のようなカッコイイ名前を付けたところで、お客さんは集まりません。
むしろ大事なのは、覚えやすいネーミングで、なおかつ店名から取り扱っている商品がわかることです。

【サーバーを借りる】
ネットショップは架空のお店ですが、それでも開業するにあたっては、出店するための「場所」を確保する必要があります。
その「場所」に該当するものが、サーバーです。
一口にサーバーと言ってもいろいろな種類がありますが、最初は、利用料の安い共用型のレンタルサーバーで十分だと思います。
これだと、月々数千円程度で借りることができます。

【ドメインを取得する】
出店場所を確保できたら、インターネット上の住所にあたるドメインを取得します。
ドメインには独自ドメインと共有ドメインがありますが、見栄えがいいのはやはり、独自ドメインの方です。
自分のネットショップの店名で独自ドメインを取得できれば、なお良いでしょう。

【決済方法を決める】
一般のホームページとネットショップ用のホームページの最大の違いが、この決済方法の有無になります。
ネットショッピングの主な決済方法には、クレジットカード決済、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、代金引換などがあります。
対応できる決済方法が多ければ多いほど、お客さんにとっては利便性の高いショップということになります。

【特定商取引法を守る】
ネットショップを運営する者は、この法律に基づいて、ホームページ上に「事業者の氏名・住所・電話番号」「販売価格」「送料」「代金の支払い方法」などを明記することが義務づけられています。

ネットショップ開業の裏ワザ

ネットショップ用のホームページを作るためには、上記の手順をひとつひとつクリアしていかなければならないわけですが、これらをすべてひとりで行なおうとすると、相当の時間と労力がかかります。
特にインターネットの知識にあまり明るくない人にとっては、骨の折れる作業となることでしょう。

ただし現在は、必要な機能がすべて揃った、ネットショップ開業サービスも多く存在します。
それらを利用すれば、手間暇かけることなく、また特別な知識を持っていなくても誰でも簡単にネットショップを開業することができます。
そうしたサービスがあるということは、ぜひ覚えておくと良いと思います。

 必要な機能が揃ったネットショップ開業サービス比較>>

 
ネットショップ開業・経営カイド